スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Okay



Okay / 稲葉浩志


感動的な足どりで
坂を登って行くのはアナタ
とりとめの無いことで
友と心の底から はしゃいでいる

時間が止まる景色を 見てしまうといつも
それを失う未来を 想ってはふるえてしまう
悲しくもヤワなこの心臓

Okay いつかくる ボクのいない世界
真っ暗で静かな無限の空
Okay それならば もう少しだけアナタを
長く強く抱きしめてもいいよね そうだよね


色褪せた家族写真
その時ボクらは何を夢見た
今日は今日で 近い将来
古き良き時代と 偲ばれるだろうか

あれよあれよ 選択肢を無くしていく everyday
どこかまで 遡れるとしたら どこにするだろう
そこに希望はあるのでしょうか?

Okay いつかくる アナタのいない世界
埋められない穴を抱えさまよう
Okay 泣かないで 恐がらなくていいよ
終わりがあるから 誰もが切なく輝ける


夕暮れ グラウンドに響く声
川面をすべる小石の影
誰かの不幸せの上に 成り立つ生活(くらし)
昔から気づいてるよ
ヘンチクリンな笑顔みせて 歩いているボクはナニモノ?


Okay いつかくる ボクのいない世界
真っ暗で静かな無限の空
Okay それならば もう少しだけアナタを
長く強く抱きしめてもいいよね そうだよね


スポンサーサイト







涙 / 石川智晶

このところ続いてる長雨が
はやる気持ちを押さえ込んで
途切れることのない後悔が前髮を摇らす
暗闇より人の優しさに足止めされそうで
あなたとの約束をまぶたに想い返してた

涙 涙の雫が落ちて 朽ちかけた月が浮かんだ
涙 涙が伝えるすべてをひとつも逃がさない気持ちで

雨宿りその一時に見える幻が明日を変えることも
あなたなら両手にその輝き抱きしめていたろう
夜の静けさから走る息づかいだけが聞こえる
背中を押すものは愛に似たきずな一つだけ

涙 涙の雫がこぼれて 夜霧が月に寄り添う
涙 涙が足跡を照らす あなたに近づけるような気がする

涙 涙の雫が落ちて 朽ちかけた月が浮かんだ
涙 涙が伝えるすべてをひとつも逃がさない気持ちで

涙 涙の雫がこぼれて 夜霧が月に寄り添う
涙 涙が足跡を照らす あなたに近づけるような気がする


あの命この命







あの命この命


あの命この命 どちらがどれだけ重いんでしょう
何もかも 消えてゆく せめてあのぬくもりよ永遠に

36時間の手術の末に
最新の医学に救われた
一つの小さなその命に
誰もが涙を流してた

翌日 ある町に朝早く
最新のバクダンが落っこちて
あっけなく吹き飛んだ多くの命を
誰もが知らないまま時が過ぎる

あの命この命 どちらがどれだけ重いんでしょう
いつかあなたとふれあった せめてあのぬくもりよ永遠に

一歩踏み出すたびに 重いリュックが揺れ
その底にあの人の 手紙と写真
最前線[げんば]でためらうことは 許されず
こっちの愛のために あっちの愛を消す

あの命この命 どちらがどれだけ重いんでしょう
愛しいものを初めて知った せめてあのぬくもりよ永遠に

あっというまに 日が暮れる
眠れないままに 日が昇る

あの命この命 どちらがどれだけ重いんでしょう
何もかも 消えてゆく せめてあのぬくもりよ永遠に

せめてあのぬくもりよ永遠に



F・E・A・R







F・E・A・R

そんなに怖いんなら そいつを利用してごらんなよ
なまくらな心臓に 恐怖の力で火を入れてみなよ
くさりかけの性根を 一気に爆発さしちゃいなさい
まじりけのない燃料で血をグツグツ踊らしちゃいなさい

見きわめろ 見きわめろ 見きわめろ
相手は誰なんだろう? そしてどこにいるのか

これは自分にしかやれないこと
ほかの誰にだってできやしないんだ

ちっちゃくプルプルふるえるくらいならあばれろよ
Dance with The Fear
だれもが似たよな症状かかえてもがいてる
Dance with The Fear
yeah yeah yeah Dance with The Fear

あのスカした大向こうのやつらにすきなこと言わしてやれよ
あいつら人がコケるのを手ぐすねひいて待っているんだって
ヒマだから 人の不幸で笑いたくてしょうがないんだろう?
失うことにおびえながら 少しずつ失っていくんだ

目をあけろ 呼吸しろ 気を抜くな
新しい細胞が 叫び声をあげる

優雅な世界でいねむりこく
そんな日がいつかくるんだろうか

計画どうりにことが運ぶほど甘くない
Dance with The Fear
予期せぬ珍事と手と手をつないでころがれよ
Dance with The Fear
yeah yeah yeah Dance with The Fear

結果の知れたゲームから足を洗え

だれかのいいなりやってるならひっくりかえせ
Dance with The Fear
不満をたらたらたれながすんなら変えてみろよ
Dance with The Fear yeah yeah yeah
ちっちゃくプルプルふるえるくらいならあばれてみろよ
Dance with The Fear
コメツブほどのブライドを ダイヤのように光らせて
Dance with The Fear
yeah yeah yeah Dance with The Fear



I am...







I am...

ちゃんと聴いてて 伝わるまで叫び続けてみるから
私はずっと 此処に此処に此処にいるの

時間に追われて 半ば無理矢理な
日々の先には 何がありますか

こんな私の 行き急ぐ様は
滑稽ですか 笑ってよ

この瞳見つめて 私の名前を読んでみて欲しいの
この手握って 大丈夫だって頷いて欲しいの
この背を押して じゃなきゃ歩き続けられそうにないの
嘘ならせめて 本当の嘘最後までつき通して

時間の過ぎ行くままに 身を委ね
流れ着くのは どんな場所ですか

矛盾だらけの こんな私でも
許されますか 教えてよ

どうか解って そんな事を言っているんじゃないの
どうか気付いて こんな物が欲しいわけじゃないの
どうか放して そんな所へ行きたいわけじゃないの
私はずっと たったひとつの言葉を探してる

この瞳見つめて 私の名前を呼んでみて欲しいの
この手握って 大丈夫だって頷いて欲しいの
この背を押して じゃなきゃ歩き続けられそうにないの
嘘ならせめて 本当の嘘最後までつき通して

どうか解って そんな事を言っているんじゃないの
どうか気付いて こんな物が欲しいわけじゃないの
どうか放して そんな所へ行きたいわけじゃないの
私はずっと たったひとつの言葉を探してる


Mayday!



5月が始まってしまいました


来週はついに受験申込してこないと・・・><タスケテ



ってことで、ころころ音楽変えすぎではありますが

今日はMayday!な気分ってことで_"φ(・ェ・oUメモメモ



本日のネタはありませんU/ェ・、U
追記は歌詞のみw


続きを読む

アッシュ






アッシュ


綺麗な言葉で片付ける君が
誰より悲しい顔を見せるように
疑う心や さまよう指先
迷った分だけ先へ進むんだ

後になってこうだって気づくまで
何度だって奪い合って
朝になってくるまって見上げたら
窓に射す外光

優しい人にはなれない僕らが
悲しい記憶を許せないように
わかったふりなら 出来なくていいさ
笑ったぶんだけ先へ進むんだ

後になってこうだって気づくまで
何度だって奪い合って
朝になってくるまって見上げたら
窓に射す外光

My name is Jack just
tell me you are ok
My name is Jack
I've been standing next to you
In the storyboard
you can draw another one of your own

後になってこうだって気づくまで
何度だって奪い合って
朝になってくるまって見上げたら
窓に射す外光


good-morning Hide






"good-morning Hide"


The Scene you accept and you see
I't easy for me to understand
It must be the same as mine
Why are not they tired?
Why are not they tired?
I don't do the thing like that
I just do it instead

If a morning starts at the moment
When you wake up
It has been morning still now
I don't need a night
I can not define this place
Except a certain additional value
Everything is unnecessary

I't ok if your destination is the same
The scene will never change

The Scene you accept and you see
I't easy for me to understand
It must be the same as mine
The Scene they accept and they see
I't different from mine, I don't imagine
I don't do the thing like that
I just do it instead

I't seems it has been morning
I'll keep this morning no matter
I spend mush time, I go far away
I don't need a night yet
I can take it like this
They will keep their night forever more
You don't need the night at this moment

By the time when the morning turns into the noon
My action will be harmonized

The Scene you accept and you see
I't easy for me to understand
It must be the same as mine
The Scene they accept and they see
I't different from mine, I don't imagine
I don't do the thing like that
The morning hides all

Why did not you show it?
Why did not you notice it?
Where is your scene from everything?
please tell me now
Why did not you have it?
Why did not you repeat it?
I don't do the thing like that
I just do it instead

「Yes, everything is an imagination」
「Yes, it's also a realization」

Why did not you show it?
Why did not you notice it?
Why did not you show it?
Why did not you notice it?
Why did not you have it?
Why did not you repeat it?
I don't do the thing like that
Wish I've done it instead…




(日本語訳)

君に見える景色
僕には簡単に理解出来る
僕の景色と一緒のはずだから
何故 彼等その様なやり方で疲れないのだろう
僕ならちがうやり方をする
こうすればいいんだ

目覚めたときが朝の始まりとすれば
今尚 朝は続いているはず
夜など今の僕には必要ない
この場所を定義するのは不可能だ
ある付加価値を除いて
全ては必要ないから

僕と君との見る方向は一緒だから
一緒に見える景色は変わることはない

君に見える景色
僕には簡単に理解出来る
僕の景色と一緒のはずだから
彼等に見える景色
僕の景色とはちがっている
僕はちがうやり方をするから
こうすればいいんだ

朝はまだ続いていたようだ
どれだけ時間が経とうと朝は続く
僕には彼等は夜をいつまでも
続けているように見える
今の君に夜は必要ない

朝が終わる頃には
僕の行為は調和のとれたものになる…

君に見える景色
僕には簡単に理解出来る
僕の景色と同じはずだから
彼等に見える景色
僕の景色とはちがっている
僕はちがうやり方をしている
全ては朝が隠していた

何故 君は教えてくれなかった?
君には認識出来なかったのか?
一体、君の景色は何処にある?
何故 初期微動はここに無い?
何故 肯定と否定を繰り返す?
僕にはその様なことは出来ない
僕のやり方でいいはずだ

「そう、全ては仮想で成り立つ」
「しかし、現実がここにある」

僕にはその様なことは出来なかった
僕のやり方でもすればよかったのに…



(作曲:hyde  作詞:sakura)



Nephilim






Nephilim


放たれた翼が 願いを撒き散らして
この世の果て堕とした 祈りを空中(そら)へと

その瞳に映すのは 欠けた月の螺旋
なぞる指が辿り着く 場所を探してる

抱き合うたび 捩れる肌と微熱を
貪るように また胸を締め付ける

放たれた翼が 願いを撒き散らして
この世の果て堕とした 祈りを空中へと

夜の淵に咲く華を 耳へ押し当てて
響く街のざわめきに 吐息を重ねた

今も滲む あの日はぐれた記憶が
涸れた筈の 痛みを 傷に変えた

仮初めの翼で 羽ばたく命の灯火は
あらがう罪を指して 思いは君へと

血塗られた翼は 舞い上がり風になり
幾千に砕かれた 誓いを空中へと

仮初めの翼で 羽ばたく命の灯火は
あらがう罪を指して 思いは君へと


(作曲:岸 利至 作詞:西川 貴教)


哀しきdreamer






哀しきdreamer


吹きつづける風 葉っぱをちぎって 
街を走って 心は揺れて
古いページを めくりかえして 
ため息ばかり でてくるなら
道徳不道徳 常識非常識 
どっちつかずの 生活に気づいて
めんどくさいこと もうやめたいこと 
山のようなうそ 全部忘れてみよう

夢見てもいいだろう ちょっとくらい
逃げてるだけだと せいぜい笑うがいい
僕が変わってゆくところ ぜひとも 
君には見てほしい then you're gonna see

なにで君の価値は 決まるのだろう 見えないものか 姿形か
どっちでもいい どっちもいっしょだ
真空地帯に どんなジャンルもないない

夢見てもいいだろう ちょっとくらい
逃げてるだけだと せいぜい笑うがいい
信じなくても おがまなくてもいい
体はムズムズしてくる we're gonna feel

何もかも消えて 生まれかわるよ 
新しい日々が おとずれるよ
よけいなものを 捨ててごらんよ 
値札はいらない 本当にできるなら?

ブログ内検索
blog link(更新順)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。