スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんだか


無性に『ぼく地球(たま)』が観たくなって
久々に探してしまいました。

※『ぼくの地球を守って』著:日渡早紀(白泉社)





とても好きな話の一番好きな部分。
ちょっと次の動画まではみ出てしまっていますが・・・
(続きはep.6 part3/3


この漫画を初めて読んだのがたしか小学5、6年生くらい。
前世とか輪廻とか憎悪とか、難しい部分が沢山あって
当時はこの作品の内容が半分も解らなかった気がしますが、
学校に提出する日記には
よくこの作品中の文を引用していた記憶がありますw
いわゆる「かぶれ」ってヤツですね・・・きっと。


アニメで観たのはその10年後くらい。
(いわゆるmyPCデビュー)
音楽担当は溝口肇さんや菅野よう子さん、新居昭乃さん。
民族調の曲がとても綺麗で感動しちゃいました。
漫画の世界観をうまく表現できていると思うので、
よかったら動画サイトなんかで探してみてください。


本当にいつ読んでも、いつ観ても、全然古くないのです。
そして、人間にとってとても大切な部分を
ずっと示し続けてくれている作品だと思います。





お母さん、私を産んでくれてありがとう。
今でも、これからだって愛してるよ。

コメントの投稿

Secret

ブログ内検索
blog link(更新順)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。